人妻との出会い

18歳未満の方は退出してください



人妻との出会い


三年ほど前俺は全然モテなかった
今もそんな持てるってわけじゃないけど
比じゃないぐらいモテなかった女に相手に
されなかった
出会いがなかったわけじゃない出会いを
いかすことができなかっただけである
俺は出会い系を使った出会いをするようになった
幸運なことに俺は大きな街に住んでおり出会える
女はたくさんいた手当たり次第にメッセージを送り
食いついてきた女とセックスをするという生活を
続けていた
その中で最も印象に残った俺にセックスの喜びを
教えてくれたセフレの話を紹介しようと思う

その人は年上だった俺は年上が好きだ
年上はエロい感じがするし
なんでもしてくれるイメージがある
実際もそうなんだが
俺はそのお当時23歳だったがそのひとは38歳だった
かなり上だ
だが俺はそのくらいの人がもっと女としていい時期なんじゃないかとも思っている
写メのやりとりなんかをしているうちにその人は
なかなか綺麗なんじゃないかと思うようになった

会う予定の日俺はドキドキしながら駅で待っていた
その人も仕事をしているため会う時間は23時ぐらいだ
駅にはあまり人がいなかったためすぐにその人とわかった
白いコートをかなり綺麗な人だった
ゆっくり話をしようとういことでホテルを
とっていることを話すとすぐについてきた
もうやることはわかっているわけだ

出会い系であうおんなはみんなやりたがって
いると考えている

その人は人妻で子供が二人いて現在旦那は出張中なんだそうだ
金持ちっぽい見た目で時計はロレックス
顔は美人で38歳には見えなかった
服装も洗練されていて明らかにいい女だった
いまのは見た目だけの話

彼女はベットの上でもいい女だった
スレンダーなのに胸が大きく
肌がスベスベたるみもなかった
38歳であるだけにテクニックもよかった
マグロなんかでは決してなく俺が攻めている時も
向こうも俺を触ってくれた

ゴムを付けるのが嫌いらしく生で何発も
やった記憶がある
これはいい女を見つけたと思い
なんだかんだ3年くらいセフレを続けている

これを書いているとまたやりたくなりました


エロで迫って【完全無料】


焦らずがっつかないことがエッチへの近道です



セフレを探すならば出会い系。これは自分が15年以上前に学生時代から決めていたことです。当時は出会い系創生期ということもあって、いろんなサイトがあり無料で使えるものも多く、それでいていろんな女性に出会えることができました。しかし自分が歳を重ねるとともに、出会い系サイトも進化をしていったのか、自分も歳をとってしまったためなのか、以前のように女性と出会える可能性は格段に落ちてしまいました。それでも出会い系を止めるわけにはいきません。理由としては単純でこれほどローコストで女性と出会えてセックスまで持ち込めるのは出会い系以外にないからです。
自分の場合は、サイトで活動を始めるときは、まずは1週間ほど女性のプロフィールのみを見続けます。そこで自分からメールを送ったりのアクションはおこしません。理由としては頻繁にログインしている人は、それだけ男性からのメール受信の可能性も高くなるわけで、そんなライバルが多いところに飛び込んでいってもしょうがないと思うからです。1週間ほどすると、常連の女性の名前などは覚えます。出会い系はここからが勝負になります。メールを多人数に爆撃的に送っても返信の可能性は非常に低いです。これだと思える人に出会えるまではアクションはおこしません。何より爆撃的にメールを送ったとしても単純なポイントの浪費にしかなりません。ポイントを有効に使うためにも、返事が来る可能性があると思える人を探し続けることが大事なのです。一見非効率に見えるかもしれませんが、自分の場合はこの方法で絶えず会える人をキープできている状態です。とにかく最初は紳士的なやり取りができることが絶対条件になります。そうした中でお互いの信頼関係を作ります。実際に会えるモードになったときも、会いたい気持ちを前面に出さないこともとても重要です。理由はせっかく会うことに乗り気になっている女性も、あまりがっつくと冷めてしまう可能性が高いからです。このパターンの繰り返しで、ここ数年は常にセフレには困らない状況になっています。焦らなければ絶対にセフレはできる。これが出会い系です。
40歳会社員


セフレ最高【完全無料】

出会い系で割り切りからセフレに変わった彼女



出会い系サイトで知り合った女性というと、大抵は、割り切り的な付き合いが多かっ多僕の経験でしたが、それがセフレに発展した経験があります。
今、まさにそうなのですが、半年前に知り合った彼女とは、出会い系サイトで知り合いました。
書き込み掲示板でも""割り切り希望""と、ハッキリしていた人です。
一時の遊びやお楽しみならばいいので、早速、メッセージを送ったんです。
「僕も今夜は、楽しみたいなと思い、メールし
ました。よければ、お時間を頂けますか?」
すると、すぐに返事が来たのです。
「OKです。誘ってくれて嬉しいです。」
メッセージの内容は、すごくライト感覚で良かったのでした。
実際に会ってみると、すごくセクシーな子。
「はじめまして!よろしくね。」
そんな軽さも明るいキャラなのか、むしろ好印象を与えてくれるのです。
すぐに待ち合わせた近くのホテルに、腕を組みながら入って行きました。
先に彼女がシャワーで汗を流して、後に僕が流すパターンです。
心と身体は、トキドキ状態。
もうベットの上では、野生化とした僕でしたが、彼女もすぐに本気になって、何度も求めてきたのです。
それが終わったら、既に4時間が経ってしまい、おたがい疲れて泊ってしまいました。
朝起きて
「バイバイは、もったいの。あれだけ本気でイッたのは初めて。ねえセフレになってくれない?」
予想していなかった言葉が出てきて、僕はすぐに、OKサインを出しました。
それから会うたびに、彼女の可愛さに夢中になり、彼女もいつもの軽さ、明るさとは打って変わり、とても妖艶でセクシーな女豹に変わっていくのです。そんな付き合いも別途の中だけでは、もったいなく、彼女のアパートで一日中、愛し合うことも少なくありません。
セフレ以上恋人未満と言ったところかもしれません。
いつか本気になるのかもしれないと思ったりもします。
でも、セフレのままが、お互いを束縛させずにライトな感覚で付き合えることも事実です。


エッチなあの子【完全無料】

top