エッチだけ物足りないんです

18歳未満の方は退出してください



エッチだけ物足りないんです


彼女とは、ネットの出会い系サイトで出会いました。38歳の専業主婦です。私たちは、いわゆるセフレという関係です。もちろん、私には最初からそういった下心はあったのですが、彼女も同じ思いがあったことを知った時、正直驚きました。
彼女の旦那さんは、40歳のエリートサラリーマンなのです。真面目すぎるほど真面目な旦那さんのようで、彼女と付き合い始めたのが22歳だったのですが、それまで女性と付き合ったことはなく、彼女が初めての女性だったようです。旦那さんのエッチは、付き合っているころからワンパターンで、彼女自身はもっと刺激的なことを求めているのですが、真面目な旦那さんには言い出せないのです。一度、彼女が旦那さんに冗談半分で、「エッチビデオとかみないの?」と聞いたことがあるそうです。すると旦那さんが「そんなもの見るわけないだろ、変態か。」と真顔で怒ったそうです。それ以来、彼女はそういった話題を封印したのです。
私と彼女のエッチは、普段の鬱憤を晴らすように激しいものです。ホテルの部屋に入った瞬間から、シャワーも浴びずに休憩時間が無くなるなるまでエッチし続けます。彼女は旦那さんに要求できないようなプレイを望むことも多く、カーセックスもしたことがあります。ホテルで売っている玩具を使用したり、お互いがお互いの要求を爆発させます。
そして、時間が来れば、笑顔で別れ、また次に会う日を待ち望んで生活していくのです。典型的なセフレの関係を続けています。私も彼女もそれでいいと思っています。彼女は、旦那さんは優しく、収入もあり、そういった点については全く不満を感じていません。でも、エッチに関してだけは、物足りなさを感じているのです。それが爆発しないように、家庭が円満にいくように、彼女はセフレである私との関係を続けているといっています。
彼女の理由がどうであれ、私は彼女とのエッチに満足しています。これからも、この関係は続けていくつもりです。
40歳のサラリーマンです。


イキっぱなしの夜【完全無料】


近場でギャルのセフレをゲット!



私は23歳の都内で働くサラリーマンです。
先日彼女と別れて、とても寂しい思いをしていたので、セフレを探すためにネットで出会いを探していました。
そして何日か経ち、とても可愛い女性を見つけたので、連絡をしてみることにしました。
そうすると彼女は快く連絡をしてきてくれました。
その日は休日で、連絡を取ったのが、昼でしたが、その日の夜に会うことになりました。
とりあえず近くの駅で待ち合わせをすることにして、彼女と連絡を取っていると、彼女の家と私の家がかなり近いことがわかりました。
歩いて10分くらいのところに住んでいるフリーターということが分かったので、じゃあ自宅に来ないか?と誘い自宅で会うことになりました。
そして彼女と会うと、彼女はギャルでとても可愛い22歳でした。
彼女もセックスする気まんまんでしたので、なんとTバックを履いていました。
自宅に入るなり、熱いキスを交わし、ソファーに押し倒しました。
彼女もとても興奮しているようで、そのまま私のチンコをフェラチオしてきました。
テクニックはなかなかのもので、イキそうになったので、やめてもらい、彼女を四つん這いにさせました。
そしてそのままバックで挿入しました。
彼女の喘ぎ声はとても高くて、興奮できました。
同時に乳首をいじってあげると、すぐにイキました。
次は正常位で攻ることにして、彼女を起こし正常の体勢にしました。
正常位中は彼女が足で私の背中をガードして、アンアン喘いでいました。
そして射精し、一緒にお風呂へ。
お風呂から上がりさらにもう一回セックスをしました。
彼女は泊まって帰ることになり、ここで彼女からセフレになろうと言われたのでOKしました。
彼女は俗に言うビッチで、セフレを何人も抱えているそうですが、私のセックスの相性がとても良かったそうです。
そしてお互い暇な時は自宅でセックスをしています。
お互いの家がとても近いのでセックスしたい時はいつでも会えるいいセフレです。

23歳 サラリーマン


エッチなお相手に困りません【完全無料】


昼間は職場で、夜はホテルで



ネットの出会い系サイトで36歳のシングルマザーと知り合いました。彼女とはセフレの関係が続いています。
彼女は派遣社員をやっていたのですが、パートで働ける場所を探していました。たまたま、私の職場でパート社員を探していたこともあり、少し話をすると、ぜひ紹介してほしいと返事がありました。私の紹介で面接を受け、すぐに私の職場で働くことになりました。ある日、お礼がしたいという彼女の誘いで、二人でお酒を飲みに行ったのです。派遣社員時代の愚痴や別れた旦那さんに関する愚痴など、彼女はかなり酔っぱらっているようにみえました。「女子会があるって子供はお母さんに預けてあるから、今日は遅くまで飲みたい。」彼女はそう言いながらお酒の量も増えていきました。お店から出ると、彼女は私の腕に自分の腕を巻きつけてきたのです。そのままの状態で歩きながら、二人の足は自然にホテルに向かっていきました。
彼女の大胆で激しいエッチに私は驚きながら、楽しい時間を過ごしていました。「時間大丈夫? もう一回だけしよっか。」そんな言葉を繰り返しながら、何度も二人は感じ合ったのです。
ホテルから出るとき、酔っ払っていると思っていた彼女が静かに言いました。「私ね、男はもう懲り懲りなの。だから、再婚とかは全く考えてない。でも、女だからね、エッチはしたいの。お互いに、エッチだけの関係、セフレってやつでいましょう。」彼女の冷静な声に驚いたのを覚えています。
あれから、職場では上司と部下、お互いにしたくなった時にエッチする、彼女の言葉通り、セフレの関係になりました。彼女は普段は、物静かで上司の指示に従う従順な部下という目で見られています。しかし、ベッドの中では、激しいプレイと職場では想像できない大きな声をあげます。そのギャップが私をより興奮させます。彼女もそれがわかっていて、職場ではわざと清楚な雰囲気を出しています。お互いに、この関係を楽しんで続けています。
48歳のサラリーマンです。


セフレが欲しい【完全無料】

top