スカイプ掲示板で出会った女性とセフレの関係になりました

18歳未満の方は退出してください



スカイプ掲示板で出会った女性とセフレの関係になりました


無料で通話が出来るスカイプを利用して会話をしていたのですが、
個人通話でも話していましたし時には会議機能で多数の人と話して楽しんでいました。
多い時で5人ぐらいの方と同時に話していたのですが、
皆さんネットで知り合った関係なので入れ代わりが激しく、
減っては増えて行きの状態で常に固定をされたメンバーでは無いのです。
今仲良くしていても数ヶ月後には居なくなる事も十分に考えらますし、
長続きが出来るとは思っていませんでした。
やがて話をする内に二人まで減ってしまったのですが、
仲間を増やそうとスカイプ友達掲示板に書き込むことにしたのです。
内容は、二人で話しているので一緒に会議をしませんか、
と言う普通の書き込みでしたが、
サイトの力と言うのは凄い物で掲載から20分ぐらいで5通もアクセスがありました。
スカイプチャットで来るのですが、あまりの早い反応にビックリしました。
ですが内容の方は期待をした物ではなく、
怪しいサイトへの案内だったり、海外サイトでのアダルトグッツ等の販売等、
営利目的が多く占めていたのです。
簡単に来る訳が無いと諦めかけていましたが、
一通のチャットを頂き、それが彼女との秘密の関係の出会いでした。
30歳で保母さんをしている方で、同じように寂しくて話し相手が欲しいので、
掲示板を見て応募をしたと言う事でした。
相手の反応を見るために少しチャットのやり取りをしながら自己紹介をしましたが、
とりあえず話しましょうと話を持ち掛けると、
いいですよ、と返事を頂き皆さんで話すことになったのです。
彼女の印象は物静かな印象ですが、受け答えははっきりとできる女性で、
会話にも入ってきて盛り上げる不思議な魅力がある方でした。
何度と無く数人で会議をしていましたが、
私と馬が合うらしく、何度か二人で抜け駆けをして話す事も多くなって行きました。
やがて友人のような関係になり、一度会いましょうと言うことになりました。
彼女は東京の方でしたが私の住んでいる京都まで出て来られ会うことにしたのです。
会って見ると、お淑やかな方で上品なイメージですが、服装は露出系の服を着ており、
色気が全面に出ていてオーラが出ていました。
京都の町並みを一緒に歩きましたが、何か恋人の様な感じになって行き、
彼女も私を認めてくれたのか肩を抱いても嫌がらず、
既に男女の雰囲気になっていました。
勢いは止まらずホテルで一泊をしてエッチをしましたが、
つい2ヶ月前まではまったくの他人であり、こんな出会いが合っていいのかと思いました。
その後も何度か彼女と会いセフレの関係になりましたが、
スカイプの会議で話す時は仲間内には会った事もセフレの関係もまったく話していませんし、
普通のスカイプ上だけの友人として内緒にしてあります。
スカイプの特色としては顔をビデオ機能を利用して話す事が出来ますので、
より一層親近感が沸いて仲良く慣れたと思います。

45歳 会社員


Hな物語はいかが?【完全無料】


とんでもない熟女を拾った時の告白



僕は20代前半です。熟女が好きなのでよく出会い系サイトで熟女のセフレを探します。この前、とんでもない熟女に会ってしまいました・・・。

彼女の名前はシホ。50代後半の熟女でした。40代までは許容範囲で、50代とはセックスしたことはありませんでした。それが、まさか50代のしかも、もうすぐ60歳の女性とセックスすることになるとは思ってもみませんでした。

確か、最初はシホからアプローチがありました。40代ということで、許容範囲だったので、そのままやり取りしました。そして、デートに誘ってみると、すんなりOKでした。彼女は着物が好きということだったので、当日は着物を着てもらうことにしました。

デート当日、待ち合わせ場所に行ってみると、着物姿の女性がいました。しかし、歳は明らかに50代でした。僕は心の中で「まさか!?」と思いました。待ち合わせ場所で着物姿の女性を見ていると、「タクヤ君?」と彼女が僕に声をかけてきました。予想通り彼女でした。僕は正直、萎えました。しかし、仕方ないからとりあえずお茶ぐらいは飲むことにして、彼女をカフェに連れて行きました。

シホは私に「こんなおばさんでもごめんなさいね。」と謝ってきました。僕は彼女に歳を聞いてみると、50代後半と答えました。本当の歳を言うと、会ってもらえないと思ったから、嘘を付いたそうです。確かに、50代後半と知っていたら、僕はシホと会わなかったと思います。

シホはカフェで僕の隣に座りました。積極的にボディータッチしてきました。僕は最初はシホとセックスする気はありませんでした。シホのボディータッチはじわじわと刺激的になり、そのうちテーブルの下で股間を触って来るようになりました。股間を触られて、僕は我慢できなくなりました。股間を触るシホの顔を見ると、シホは「タクヤ君のって、大きいね。」と小声で囁きました。僕の中で理性がプチッと切れました。

僕たちはカフェを出ました。僕のチンコはすでにギンギンに勃起していました。シホは行きたいことがあると言いました。僕たちはタクシーに乗り込み、目的地に行きました。そこは、もちろん、ラブホテルでした。

シホはかなり淫乱で、ホテルに入ってエレベーターに乗ると、僕に抱き付いてキスをしてきました。僕たちはキスをしながら部屋まで行きました。そして、部屋に入るなり、ドアのまでシホは突然振り返ってかがんで、僕のズボンとパンツをずり下ろしました。「思ってたより大きい!」とシホはフェラを始めました。僕は耐えられなくなり、シホの顔を押さえつけ、シホの口内に発射しました。シホは僕の精子を全て飲み込み、更にお掃除フェラをしてくれました。おかげで、また勃起してしまいました。シホは「すごい!」と喜んでいました。

僕はシホの着物を脱がせてセックスしようと思いましたが、着物の脱がせ方がわかりませんでした。だから、着物を着たままシホとセックスをしました。なんだか、犯しているようで興奮しました。シホは大声で喘いでいました。シホの着物で犯される姿と予想外のシホの腰の動きに堪え切れず、シホに中出ししてしまいました。

その後は、シホは着物を脱ぎました。貧乳でほっそりした体型で、意外と剛毛でした。風呂場でシホに身体を綺麗に洗ってもらい、一緒にお風呂に入った後、ベッドに移り、キスをしたり、身体に触れ合ったりしながら、最後はスローセックスを楽しみました。3回やりましたが、シホはまだ満足していなさそうでした。

まさか、出会い系サイトの50代後半の熟女セフレがあんな淫乱だとは思いませんでした。


写メ見てセフレをゲット!【完全無料】


出会い系でなし崩しにセフレができた話



セフレっていやらしくていい響きですよね。やりたいときにやらしてくれるセフレが欲しいなあと思っていたのですが、どうやって作ったらいいのかわかりません。でも出会い系でセフレらしきものができてしまいました。
出会い系で知り合った彼女は31歳で、銀行ではない金融関係で働いているというOLさんでした。彼氏はいるのですが、3年くらい付き合っていて倦怠期なのと、彼氏が40代でもうそんなにエッチに対してガツガツしていないらしく、デートしてもほとんどエッチがないそうなのです。
「あたしもそんなにやりたいわけじゃないんだけど、やっぱり女としては淋しいよねー」と言っていました。
「するしないは別として一回会ってゆっくり話ししたいなー」という事で話はまとまり、池袋で待ち合わせ。やってきたのは黒のタイトミニスーツに黒のストッキングという一見真面目そうなのですが、タイトミニに隠されたお尻からフェロモンがプンプン出ています。スーツフェチにはたまらないコスプレです。
食事をしながら彼氏の愚痴を聞きます。ここ3ヶ月はやってないとか、舐めさせるのは好きなくせにあたしのはあまり舐めてくれないとか、毎回パターンが同じとか、かなりシモの方に不満がある様子です。これはいけそうです。
南池袋のホテル街の方でもう一杯飲み、ほどよく酔ったところでホテルへ入ります。彼女は何も言わずに黙って着いてきます。多分普通のパターンじゃつまらないだろうと思い、スーツ姿のまま彼女を抱きしめ、カラダ中を揉みしだきます。そしてタイトミニをたくし上げ、黒ストッキングの上からしつこく舐めまわします。思わぬ速攻に彼女は戸惑っていましたが、だんだんとその気になってきました。乱れたタイトミニスーツのママ私のものを咥えてもらいます。まるでAVを見ているようでかなり興奮しました。我慢できなくなったところで一緒にお風呂に入り、バスルームで一回戦、ベッドで二回戦と相成りました。
その後彼氏とはまだ続いているようなのですが、平日の夜呼び出され、ご飯を食べたりエッチをしたりしています。彼女ではないのでなんのしがらみもなく、気楽に会えるし、エッチもかなりきわどいこともできるのでお互いに割り切ったいい関係です。セフレってのは作るものじゃなくて、セフレになっていくものなのですね。出会い系もなかなかいい出会いがありますね。


メールなら・・・変態になれるょ【完全無料】




top